看護部

看護部長 古門 政剛

看護部長 古門 政剛

当院は2014年6月に武蔵野総合病院のグループ病院として開院しました。患者さん中心の温かな心のこもった看護の提供という当たり前に思えることをあらゆる場面で実践できるように、現在もより良い体制を構築しています。またルールやマニュアルなどについては、自分たちの知識を持ち寄りながら意見を出し合い、当院にとってベストな形を実現中です。

当院の教育制度の大きな特徴が、補助アサイメントとチューターシップです。補助アサイメントとは新人と先輩がペアで患者さんを受け持ち、技術や業務を覚えるシステムです。一方、チューターシップは決まった先輩が職場に慣れるまでのサポートをしてくれる制度です。補助アサイメントは病棟師長が決めますが、チューターは、実際働いてみて話しやすそう、頼りやすそうと感じた人を本人が指名できます。そうした二つの教育制度で技術面、精神面のサポートをしていきます。

看護師に必要なのは経験と学習で身につく専門的な知識・技術はもちろんのこと「思いやりの精神」だと考えています。思いやりは看護の質に大きく影響します。そのため日頃から、細やかな気配りと目配りを意識した看護を提供できるよう、日々皆で心がけています。そして研修では、チームナーシングやコミュニケーションなど、対人スキルを磨きコミュニケーション力を高めることを重視したものを受講できるようにしています。

そういう取り組みに是非参加してみませんか?現在看護部では、スタッフを増員して新たな病棟の稼働を計画しています。看護師のみでなく看護助手も大歓迎です。私たちはみんなでいろいろな経験を通して、自分自身も成長できるそんな看護部を目指しています。