ごあいさつ

こんにちは。高井信朗でございます。 私の専門はもちろん整形外科ですけれども、整形外科の中でも特に「スポーツ医学」、「関節外科」、そして「生体工学」を中心にやって参りました。

「生体工学」というのは、人間の体を力学、いわゆる力を使って体を動かす「運動器」という側面から考える学問です。「スポーツ整形外科」、あるいは高齢者の方の人工関節、または「姿勢」というようなことに関して、 基礎的な考え方になります。

その「生体工学」の中から人間の体についていろいろ考えてみますと、部位・部位によって、やはり非常に高度な専門性が必要になってきます。

ですからこの度、本川越病院の 「専門家による高いレベルの診断・治療を目指す」という趣旨に賛同いたしまして、我々、日本医科大学整形外科のスペシャリストたちが協力することにいたしました。

専門分野について

高井 信朗

私の治療の専門自体は「膝関節外科」です。
ご存知のように スポーツ活動においては、非常にケガをする。しかし若い時のケガは 20年 30年 40年後には変形性の関節症になる可能性があります。膝が曲がってきたり、膝が動かなくなったり、水が溜まって痛くて歩けなくなったりします。
「老いは足から」と申しまして、足が弱ってしまうと一気に老衰が進んでしまう。非常に大事な関節が「膝関節」です。

もちろん膝関節以外にも足首のねんざ、股関節の障害、脊椎や腰の痛み、手のしびれなどたくさんの病気があり、そしてその症状も多彩です。
しかし共通して言えるのは、ちょっとした痛みが最終的に、10年 20年 30年後には大きな障害となるのも事実ということです。

治療方針

高井 信朗

本川越病院では予防、そして再発を防ぐという形で、運動療法を主体にした治療法や外科的な治療法など、子供からお年寄りの方までを網羅するような治療を目指しています。
しかし「手術は痛い!」と、みなさん非常に心配されると思います。けれども、痛みをちゃんと取って手術をするということも非常に重要なことです。
手術前から不安を取り、そして手術が終わった後も早い時期に社会復帰ができるよう、私たち各部位のスペシャリストたちが診療を行っていきます。

高井 信朗(たかい しんろう)

専門:
膝関節外科、人工膝関節、スポーツ整形外科
資格:
医学博士、日本整形外科学会専門医、同認定スポーツ医
所属学会:
日本整形外科学会(代議員)
日本人工関節学会(理事)
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(評議員)
日本関節病学会(理事)
日本リハビリテーション学会
東日本整形災害外科学会(理事)
略歴:
昭和55年3月・・・京都府立医科大学 卒業
平成元年7月・・・米国カリフォルニア大学 留学
平成5年4月・・・京都府立医科大学 講師
平成13年9月・・・米国ピッツバーグ大学医学部招聘教授
平成15年4月・・・帝京大学医学部整形外科教授
平成23年4月・・・日本医科大学整形外科学講座主任教授